TOP HL.png
32EB82A8-4AE3-4B9B-B64F-1239BFF345C5.jpeg
スクリーンショット 2020-10-29 22.24.48.png
専門家推薦ロング.png
スクリーンショット 2021-07-26 15.05.42.png
スクリーンショット 2021-07-26 21.43.55.png
スクリーンショット 2021-07-26 21.44.05.png
E72BB630-9EED-47C5-8486-96DCD94A2014.png
スクリーンショット 2021-07-10 16.11.46.png
写真 2018-12-20 午後4 42 32.jpg
スクリーンショット 2021-03-31 23.18.33.png
スクリーンショット 2020-01-19 16.53.00.png
スクリーンショット 2020-12-10 12.46_edited.jpg
スクリーンショット 2021-06-23 9.50.56.png
スポーツ患者さん声_edited.jpg
スクリーンショット 2021-07-10 16.11.46.png
写真 2018-12-20 午後4 42 32.jpg
スクリーンショット 2021-03-31 23.18.33.png
スクリーンショット 2020-03-18 15.31.07.png
社会人黄色.png
スクリーンショット 2020-03-18 16.42.44.png
社会人野球選手.png
スクリーンショット 2020-03-18 16.42.35.png
プロキックボクシング.png
スクリーンショット 2020-03-18 16.39.29.png
体操日本代表.png
スクリーンショット 2020-03-18 16.39.48.png
スクリーンショット 2021-07-10 16.11.46.png
写真 2018-12-20 午後4 42 32.jpg
スクリーンショット 2021-03-31 23.18.33.png
急性の場合
捻挫・靭帯損傷など1度の大きな衝撃で痛めてしまった場合には適切なタイミングでの処置が今後の人生や私生活に大きく影響を与えてしまうので出来るだけ早い段階の施術が必要です。
 
患部の炎症をスパイラルモーション操体、鍼灸、濃水素LEDカプセルを使って出来るでけ早く抑えます
慢性の場合
徐々に違和感から痛みが増して来た場合、痛いところを施術してもその時だけで良くなることはないですよね?
残念ながら長引く痛みの場合、原因が痛みの場所以外にある事がほとんどだからです。
体の動きを正しくスムーズにすることによって患部への負担を減らします。
スクリーンショット 2020-01-09 0.18.53.png
スポーツ障害用.png
炎症の期間を早い段階で抑える事を目的としています。
スパイラルモーション操体
(独自整体×リハビリトレーニング)
体の螺旋運動を使い、痛い場所を触れずに、痛くない手や足を使って、3割程度の力で楽な方向に動かすだけです。
それだけで、再発しない正しいカラダの使い方、正しい感覚に戻していきます。
※炎症がひどい場合は、鍼灸などを用いての施術も行っております。
関西で唯一、世界で注目を集めている濃水素LEDカプセル(水素濃度 常時20,000ppm)のマシーンを組み合わせて施術を行う事で早期復帰が可能となります。
資格.png
​痛みがなくなって感覚が戻る前に施術を辞めてしまうと、再発のリスクや、長引く痛みに繋がり非常に危険です。今までそんな多くの方を診てきました。
痛みが出る前より筋力や感覚をアップしてもらうので、自宅でのトレーニング、セルフケアも提案致します。
厚生労働大臣認定国家資格のはり・きゅう師やスポーツに関する様々な資格や認定を取得し、オリンピック代表選手、独立リーグチーム、プロキックボクサーのトレーナーなど豊富な経験を活かし、最後までサポート致します。
スクリーンショット 2021-07-10 16.11.46.png
写真 2018-12-20 午後4 42 32.jpg
スクリーンショット 2021-03-31 23.18.33.png
E8529FFC-669D-412D-93AF-C3B8151C0D7D.png
スクリーンショット 2021-07-29 10.19.23.png
スクリーンショット 2021-07-29 10.26.51.png
スクリーンショット 2021-07-10 16.11.46.png
写真 2018-12-20 午後4 42 32.jpg
スクリーンショット 2021-03-31 23.18.33.png