アクセス
Access Map
  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
LINE友達追加.png
問い合わせ.png

症状別

​※個人の感想であり効果を保証するものではありません

こんな悩みの方が多く来院されています

​ 試合が近いのに痛めてしまった

 ✅同じ所に何度も痛みがでる

 ✅薬や湿布でごまかしている

 ✅成長痛だから安静と言われた

 ✅起きた時、痛くてつらい

 ✅レントゲンやMRIでは異常なし

 ✅治療中だが全く治らない

 ✅治療はしたいが痛い治療は嫌

 ✅我慢しながら動いている

 ✅なぜ痛いのかわからない

 ✅運動を始めたいが身体が不安

 ✅腰痛が治る気がしない

写真 2018-12-20 午後4 42 32.jpg
急性の怪我の場合
捻挫・打撲・肉離れなど1度の大きな衝撃で痛めてしまった場合には適切なタイミングでの処置が今後のスポーツ人生や私生活に大きく影響を与えてしまうので出来るだけ早い段階の施術が必要です。
​患部の炎症を西スポメソッド、鍼灸、濃水素LEDカプセルを使って出来るでけ早く抑えます
慢性的な痛みの場合
成長痛や腰痛など徐々に違和感から痛みが増して来た場合、痛いところを施術してもその時だけで良くなることはないですよね?
残念ながら長引く痛みの場合、原因が患部以外にある事がほとんどだからです。
体の動きを正しくスムーズにすることによって患部への負担を減らします。
炎症の期間を早い段階で抑える事を目的としています。
西スポメソッド(整体×リハビリトレーニング)
操体法をベースとした治療で、痛い場所を触れずに、痛くない手や足を使って、3割程度の力で楽な方向に動かすだけです。
それだけで、再発しない正しいカラダの使い方、正しい感覚に戻していきます。
※炎症がひどい場合は、鍼灸などを用いての治療も行っております。
関西で唯一、世界で注目を集めている濃水素LEDカプセル(水素濃度 常時20,000ppm)のマシーンを組み合わせて施術を行う事で早期復帰が可能となります。
​目安:足を引きずってでも歩ける中度の捻挫の場合、受傷後2〜3回の施術でスポーツへの復帰が平均です。
​痛みがなくなって感覚が戻る前に競技に復帰をするのは再発のリスクや、長引く痛みに繋がり非常に危険です。今までそんな多くの方を診てきました。
ケガをして休んでいる間に、ケガ前より筋力や感覚をアップして復帰してもらうので、自宅でのトレーニング、セルフケアも提案致します。
厚生労働大臣認定国家資格のはり・きゅう師やスポーツに関する様々な資格や認定を取得し、オリンピック代表選手、独立リーグチーム、プロキックボクサーのトレーナーなど豊富な経験を活かし、競技復帰する最後までサポート致します。

​  プロから推薦をいただきました!  

写真 2018-12-20 午後4 42 32.jpg
写真 2018-12-20 午後6 35 34.jpg