水素カプセルと酸素カプセルの違い知っていますか?


酸素カプセルと水素カプセルとの違い

  • そもそも酸素はどういう働きをするのか?

酸素には、『結合型』と『溶解型』という2種類があります。通常の呼吸で取りいれる酸素は酸素濃度21%で血液中のヘモグロビン(赤血球)と結合して運搬される『結合型』というものです。ところが、『結合型』は毛細血管よりも粒子が大きい為、体中に酸素を行き渡らせることができず、しかもヘモグロビンの量の酸素しか運ぶ事ができません。酸素カプセルではガス化した『溶解型』酸素を発生させます。更に気圧をかける事により、非常に小さな毛細血管やリンパ液にも直接入ることができ、体中に酸素を行き渡らす事ができます。

  • 知っていますか?酸素カプセルには高気圧酸素カプセルと高濃度酸素カプセルがあることを!

皆様がよく目にする酸素カプセルは高気圧酸素カプセルです。高気圧酸素カプセルは酸素濃度は地上と同じ21%で気圧を1.2〜1.8気圧なので飛行機の離陸時や水深3ートル位の気圧をかけながら酸素を取り込みます。もう一つが高濃度酸素カプセルです。高濃度酸素カプセルは私らが吸っている酸素の濃度を高濃度48%にして酸素カプセルの中に充満させ酸素を体内に循環させることをしているのが高濃度酸素カプセルである。なので体の中の物質を除去しているのではなく酸素を呼吸や皮膚から吸収し血流を良くすることで美肌や早期回復、疲労回復などの効能があると言われている。

当院で取り扱っている水素カプセルは、あまり知られていませんが実は凄いんです!

2016年に厚生労働省が心停止患者に水素吸入療法を施し脳に後遺症を残さず蘇生したのを認め先進医療Bに認定、水素ガス療法として現在医療機関などで研究が盛んに行われている最新の医療法である。水素の役割は体の中に起こる活性酸素その中の悪玉活性酸素を除去することができるのが水素と言われている。水素は原子番号で言うと1番小さい原子番号1番である。

分子が1番小さいと言う事は体の中に取り込める量も多く、体中に巡りやすいため様々な効果があると言われている。ちなみに酸素は原子番号8番なので水素に比べると大きな分子である。当院にあるLED水素酸素吸入カプセルは活性酸素を除去する力と高濃度酸素による血液を循環させる作用がある唯一のマシーンです。

関西で体験できるのは当院が唯一です。

興味のあるかたはお気軽にお問い合わせください。

お知らせ
アーカイブ
タグ
アクセス
Access Map
会社名 k-vitt
代表 西 克弥
電話番号 06−4390−4571
​住所 大阪市西区南堀江4−10−5ー2B
  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
LINE友達追加.png